鬱病のサインを見極めよう|対策と予防が大切

あらゆる鬱病

カウンセリング

近年話題になっているのが現代うつです。現代うつや大うつ病性障害などあらゆる鬱病があるため、前もってその種類を確かめておくことが大切です。特にうつ病として症状が現れやすいのが、大うつ病性障害といわれるものです。うつ病の症状である、意欲の低下などが顕著に見られるというのが特徴です。特に喜びなどの感情を感じないということが多く、何に対しても面白みを感じないといった症状がでることもあります。また、この大うつ病性障害の特徴として焦りが見られるという特徴があります。焦りが多くなり、自分の癖が異常にでてしまうことや長時間じっとしていることができないといったトラブルになってしまいます。この焦りが強くなり、極端な思考などがでてしまうのも大うつ病性障害の特徴です。特に罪悪感などを以上なほどまでに感じてしまうなどの症状があります。寝付きが悪いという問題だけではなく、肩などに痛みが続くこともあります。このため、仕事や勉強などにも影響がでやすいのです。この大うつ病性障害は、幅広い世代の人を対象に引き起こされることがあるため、十分気をつけておきましょう。鬱病といっても、双極性障害のように気分が極端に変わってしまうものもあります。双極性障害は、気分の振り幅が大きく、テンションが異常なほどに変化してしまうのが特徴です。テンションが高い時は、本人でも驚くような行動をとってしまいながらも、鬱病の症状である意欲の低下などが起こると極端にモチベーションが低下することがあります。大うつ病性障害と双極性障害は症状が似ていることが多く、自分では判断できないといったことも少なくありません。そのような時はまず、病院に行き診断を受けることが大切です。

特に鬱病と診断される人の多くは非定型うつ病といわれるものです。この非定型うつ病は、新型うつ病ともいわれ大うつ病性障害のような症状があらわれながらもそれが、短い時間のみ続くといった特徴があります。時間が限られているだけではなく、発症する時間帯などが限られていることもあります。非定型うつ病の大きな特徴といわれているものが、気分反応性といわれるものです。鬱病の多くは、ほとんどのものに興味や関心を持てなくなり、モチベーションを保つことができません。ただ、非定型うつ病では関心や興味のあるものであれば鬱病の症状が発症しないといった特徴があるのです。このように、モチベーションが特定の事柄により大きく変わってしまうのがこのうつ病の特徴といわれています。どうしても周囲から非難を受けてしまいやすい鬱病のため知識が必要になります。退行期うつや微笑みうつなど、鬱病には沢山の種類があります。ただ、どのような鬱病もしっかりと予防や対策を行なうことができます。