鬱病のサインを見極めよう|対策と予防が大切

症状に気をつける

病棟

ストレスが蔓延る現代社会では鬱病になりやすいといわれています。それを数値が物語るように、統計上では300万人以上が鬱病と診断されています。このため、しっかりと鬱病に対する知識を身に着けて予防や対策の知識を備えておきましょう。まず、鬱病になってしまうと発症してしまう症状を知っておくといいでしょう。そうすることで、もし発症した時もすぐに鬱病だと気づくことができます。鬱病の症状といっても多数ありますが、その一つが感情の変化です。特にこの病気になってしまうと、悲しい感情を抱えてしまうことが多くなり常に落ち込んでしまうことが増えます。それら感情に特に理由はなく、訳もわからず悲しい気持ちになってしまうことがあるのです。このため、対策のしようがないと嘆く人も少なくありません。鬱病になってしまうと、脳から分泌されているセロトニンやノルアドレナリンという物質が減ってしまいます。これら物質は急激な感情の変化を抑制する効果や、安定した感情のために必要であるため、減ってしまうと感情が落ち込んでしまうなどのトラブルにつながる恐れがあるといわれています。

このように感情の変化のある鬱病はしっかりと対策を行なう必要があるのです。鬱病になると意欲が低下してしまう症状も発症します。意欲は、なにかに取り組むときに欠かせないものです。特に仕事や勉強などには意欲が必要不可欠といえます。ただ、鬱病になってしまうとその意欲が低下してしまうため、それらに手がつかないといった問題になります。極端に意欲が低下するため、これまでは取り組んでいたことにも関心や興味が湧かなくなってしまうのです。このような意欲の低下は、集中力を低下させてしまうこともあります。このため、どうしても長時間の集中を必要とする作業でミスを連発してしまうこともあります。それだけでなく人と会うことや話すことに対して、気だるさを感じてしまうこともあるのです。このため、人間関係に問題が発展してしまうことも少なくありません。
常に体が重たく感じてしてしまうのも、これら意欲の低下につながります。鬱病になってしまうと引き起こされてしまうのが睡眠トラブルです。また、鬱病になってしまうと睡眠障害などの症状を発症させてしまいます。無気力状態などが続くと、これらが顕著に現れることになります。このため、不眠症など他の病気を発症させてしまうこともあります。眠ろうと思っても、すぐに寝付くことができずどうしてもそわそわしてしまうといったトラブルや、熟睡できず寝起きが辛くなってしまうなどのトラブルになることもあります。睡眠薬などを活用すれば、眠ることができます。ストレスなどが症状により、深刻化する前にこのような症状がでた時はできるだけ、病院で治療をすることが大切です。